Point2.「待機手当・待機寮」

こちらのページでは待機手当や待機寮についてまとめています。工場で働きたいと考えている人はぜひ参考にしてください。

工場で働く際に知っておきたい!待機寮や待機手当とは?

待機手当とは?

待機手当には、入社前に支給される手当と、就業中に会社または工場側の都合で仕事ができない場合に支払われる手当の2種類があります。とくに工場のお仕事は入社までに期間があいているものが多いため、入社前に手当がもらえるのはとても助かりますよね。ただし、手当の有無は派遣会社によって異なるため、求人の問い合わせ時に確認することをオススメします。就業中の待機手当は、その状況に応じて変わってきますので、以下に詳しく説明していきます。

待機手当が支払われる場合

職場待機の場合、従業員がその場で待機しているためすぐに業務を再開できる状態です。監督者の指揮や命令が及ぶこともあり労働時間とみなされるため、待機手当の支払い義務が発生します。

待機手当は支払われない場合もある

待機手当の支払いに関しては、難しい部分があります。自宅待機や寮待機の場合「仕事ができる状態になったら出勤してもらう」という前提がありますが、「連絡が無ければ時間を自由に使っても良い」という工場であれば自由に過ごした時間には待機手当の支払い義務が発生しないのです。

待機寮とは?

工場に勤める従業員が住む寮です。工場は大きいほど近郊に設置されることが多く、通勤が難しい場合もあります。さらに、交代制の深夜勤務がある工場の場合、働きやすいように工場近くに寮を用意している企業も多いのです。家賃が無料もしくは通常より安い寮や、家具家電が付いてる寮などさまざま。会社によって寮の形式や条件が違うので、住む場所にこだわりを持つならどのような寮に住めるのか事前に確認しておくと良いでしょう。

待機寮や待機手当のある工場を選ぶなら

工場で働く人を募集している企業は多いですが、自分自身で企業とやり取りするよりも、派遣会社に派遣登録して工場で働く方がおすすめです。企業に直接雇用される形だと、待機寮がない・待機手当が出ない場合があります。派遣登録すれば、派遣会社が給料や手当を支払ってくれますから、万が一工場のラインが止まってしまっても安心です。

工場で働いた経験のあるAさんの体験談を読む