Point2.「待機手当・待機寮」

こちらのページでは待機手当や待機寮についてまとめています。工場で働きたいと考えている人はぜひ参考にしてください。

工場で働く際に知っておきたい!待機寮や待機手当とは?

待機手当とは?

待機手当には、入社前に支給される手当と、就業中に会社または工場側の都合で仕事ができない場合に支払われる手当の2種類があります。とくに工場のお仕事は入社までに期間があいているものが多いため、入社前に手当がもらえるのはとても助かりますよね。ただし、手当の有無は派遣会社によって異なるため、求人の問い合わせ時に確認することをオススメします。就業中の待機手当は、その状況に応じて変わってきますので、以下に詳しく説明していきます。

待機手当が支払われる場合

職場待機の場合、従業員がその場で待機しているためすぐに業務を再開できる状態です。監督者の指揮や命令が及ぶこともあり労働時間とみなされるため、待機手当の支払い義務が発生します。

待機手当は支払われない場合もある

待機手当の支払いに関しては、難しい部分があります。自宅待機や寮待機の場合「仕事ができる状態になったら出勤してもらう」という前提がありますが、「連絡が無ければ時間を自由に使っても良い」という工場であれば自由に過ごした時間には待機手当の支払い義務が発生しないのです。

待機寮とは?

工場に勤める従業員が住む寮です。工場は大きいほど近郊に設置されることが多く、通勤が難しい場合もあります。さらに、交代制の深夜勤務がある工場の場合、働きやすいように工場近くに寮を用意している企業も多いのです。家賃が無料もしくは通常より安い寮や、家具家電が付いてる寮などさまざま。会社によって寮の形式や条件が違うので、住む場所にこだわりを持つならどのような寮に住めるのか事前に確認しておくと良いでしょう。

待機寮のメリット

待機寮を利用したことがない方にとっては、「寮」という存在がどのようなものなのか、見当がつかないということもあると思います。そこで、待機寮を利用するときのメリットについて見ていきましょう。

寮費が安く経済的負担が少ない

待機寮の最大のメリットとも言えるのが、寮費の安さです。中には無料で利用可能な待機寮もあるので、「手持ちのお金が少ない」「なるべく出費を抑えたい」という方にとっては、十分に利用する価値があるでしょう。例え寮費が必要であったとしても、賃貸のアパートやマンションを借りるよりは、かなりリーズナブルに生活することができます。

困ったときに誰かに頼れる

見知らぬ土地に行って一人で暮らしていると、ときに困った事態になることもあります。その点、待機寮に住んでいれば、周囲には同じ企業で働く仲間がたくさんいるので、相談することも可能です。周りに知っている人がいるということは、一人で生活しているときには大変心強く感じられます。また、一人で生活するが故の寂しさも感じなくなるので、その点にメリットを感じる方も多いようです。

食事がついている場合がある

この点は待機寮によりますが、場合によっては食事がついていることもあるので、一人暮らしの男性にとっては特に大きなメリットだと感じられるようです。1日2食、朝と夜の食事がついているという寮であれば、自炊をする必要もなく、栄養豊富な食事を楽しむことができます。料理するのが好きだという方であっても、仕事で疲れて帰ってきたときには、ご飯を作る体力も残っていないということもあるでしょう。そのようなときに、食堂がついている待機寮はありがたいものです。

待機寮のデメリット

待機寮には上でご紹介したようなメリットがありますが、その一方で、当然デメリットも存在します。

生活にルールが設けられる

待機寮では多かれ少なかれ、何らかのルールが設けられます。具体的には、部外者の立ち入り禁止、門限が決まっている、清掃当番があるなどが挙げられます。部外者の立ち入り禁止や門限に関しては、待機寮の防犯性を高めるために大切だとは言え、生活に不自由さを感じさせる可能性もあるでしょう。これらのルールを破ると、始末書を書かなければならないのはもちろんのこと、退寮や降格、懲戒解雇となってしまうリスクもあります。

プライバシーが守りにくい

通常の賃貸アパートを借りることと比較すれば、待機寮はプライバシーが守りにくいと感じられるかもしれません。一般的なアパートを寮として使っている場合は、賃貸物件を借りている感覚と変わりませんが、自社で持っている寮を使う場合は、他の入寮者と生活を共にする部分が多くなる可能性があります。どの程度プライバシーが守られているかは待機寮によって変わるので、気になる方は事前に確認しておきましょう。

待機寮例

待機寮にはどんなものがあるのでしょうか。ここでは具体的な待機寮の例をご紹介していきます。

株式会社Eテック

愛知県尾張旭市にある「株式会社Eテック」の待機寮は、家具と家電を完備しているタイプです。敷金や礼金などは一切不要なので、手持ちの資金がなくても入寮可能な上、設備にトラブルが生じた際にも、無料で対応してくれるそうなので、金銭的な負担がかなり軽減されます。

UTグループ株式会社

愛知県名古屋市にある「UTグループ株式会社」では、家具付きの社員寮を完備しており、即日入寮も可能という柔軟さ。全ての寮で寮費無料ではないようですが、無料のところもあるようです。寮費に関しては勤務地によって変わるようで、無料以外の待機寮では家賃補助が受けられます。

株式会社ASTERISK

愛知県岡崎市の「株式会社ASTERISK」の待機寮は、即日入寮可能で、家具や家電も完備されているので、すぐに生活を始めることができます。寮費は基本的に無料となっており、ワンルームの完全個室という嬉しい仕様です。一人暮らしに必要なものは一通り揃えられているので、初期投資なしで仕事を始められます。

株式会社TRUST

愛知県豊田市の「株式会社TRUST」の待機寮は、入社が決まった時点で即入寮可能となっています。広さはワンルームで、寮から工場までは送迎車も利用できるという配慮です。待機寮があっても、工場からの移動に費用がかかってしまえば意味がありません。その点、送迎車を利用できれば、無駄な出費も抑えられるでしょう。

寮に入る前に確認すべきポイント

待機寮は「即日入寮可能」となっている場合もありますが、事前に確認するべきポイントも存在します。入寮してから後悔しないように、最低限、次のようなポイントは確認しておくようにしましょう。

寮費について

待機寮は無料で利用できるケースも多いですが、全ての寮が無料で利用可能な訳ではありません。待機寮には「自社寮」と「借り上げ寮」の2種類があり、「自社寮」は企業が専有している寮なので、無料で利用できることが多いようです。「借り上げ寮」の場合は、企業が民間のアパートやマンションを借りて、勤務者を住まわせる形となりますが、その場合は多少なりと寮費が必要となる場合もあります。

家具・家電などの設備について

家具や家電などの設備がついていて、入寮したその日から生活できるようになっているケースもありますが、家具や家電が整っていないことも考えられます。「即入寮可能」となっている待機寮であれば、生活に必要なものは一通り揃っている可能性が高いですが、特に借り上げ寮であれば家具や家電が十分でないこともあります。冷蔵庫やテレビ、エアコンなどの生活に必要な家電や、クローゼット、ベッド、布団などの設備は整っているか確認しましょう。

水道光熱費の負担について

待機寮で生活をしていれば、水道、ガス、電気を使うことは当然です。これらを使った分の費用を負担しなければならないのか、という点についても、入寮前に確認しておきたいところ。一般的には、水道光熱費は自己負担することになる可能性が高いですが、自社寮の場合は無料となっていることもあります。借り上げ寮であれば無料の可能性は低いようです。

共用部分と専有部分について

待機寮では共有部分が多い傾向にあります。そのため、共有部分と専有部分がどのようになっているのかも確認してください。なぜならば、風呂、トイレ、玄関、食道、洗面所、洗濯機などが部屋になく、共有スペースに設置してあるという場合もあるためです。借り上げ寮の場合はその心配はないでしょうが、プライバシーを保ちたいという方は気を付けてください。

待機寮の広さ

待機寮の広さは、寮や企業によって多少異なっていますが、ワンルームか1Kの部屋となることが多くなっています。4畳半程度の広さであることが多いですが、部屋の中にユニットバスがあって、自炊ができるほどのキッチンが備え付けられていることもあり、一人で住むのであれば十分な設備が整っている可能性もあるでしょう。ですが、全ての待機寮が個室ではなく、中には個室ではない待機寮も存在します。大部屋に壁を設けて、複数人が住めるようにしているタイプの寮もあるでしょう。

また、場合によっては、カップルや家族と一緒に入寮できるように、2LDK、2DKなど広めの待機寮を用意している工場もあります。カップルで入寮する場合や、3人までの家族であれば、これらの広めの寮が紹介されることもあるでしょう。ですが、それ以上の人数になった場合は、社宅を紹介される可能性が高いようです。

待機寮や待機手当のある工場を選ぶなら

工場で働く人を募集している企業は多いですが、自分自身で企業とやり取りするよりも、派遣会社に派遣登録して工場で働く方がおすすめです。企業に直接雇用される形だと、待機寮がない・待機手当が出ない場合があります。派遣登録すれば、派遣会社が給料や手当を支払ってくれますから、万が一工場のラインが止まってしまっても安心です。

工場で働いた経験のあるAさんの体験談を読む